レンタルページ|レンタルホームページサービス

海外研修2009年

『西オーストラリア州 パース』 ~海外研修を終えて~

期間:平成21年2月17日~21日

療実務研究会の主催により、海外の研修が実現し、計4箇所の下記施設見学に参加させて頂くことが出来ました。

1.総合的に地域社会・保健ケアを提供する   Silver chain
2.急性期医療を担当する州立病院        Royal perth Hospital
3.要介護状態の高齢者にケアを提供する施設 Swan Care
4.急性期医療を担当する州立病院        fremantle Hospital

間を制限されての見学となりましたが、各施設共に、非常に丁寧な対応で迎えて頂、特に印象深いSilver chainについて、ここに報告させていただきます。

本とオーストラリアの違いはなんと言っても広大な土地の広さに有ります。日本の約20倍の面積が有るのに、1k㎡当たりに2,5人しか住んでいません。また、パース近郊は、九州がすっぽり入るくらい広い為、急病人が出たので救急車で迎えに行っても救急救命にはならないのが現状です。この特徴に対応しながら、高齢者を支えるサービスを提供しているのが、Silver chainです。

域社会ケア・保健ケア・施設ケアを中心に個々に対するサービスが提供できる体制が整っており、携帯電話を使用しスタッフが直接利用者宅へ訪問する事ができます。仕事内容の確認から利用者の情報収集・連絡・記録・データー査定・医師との連携がすべてできる様になっており、広大な地域をカバーする為、移動に掛かる時間の無駄を省く体制となっています。

域ごとに相談から、個人へのサービス提供が他の事業者を介することなくアセスメントからプラン実行及び記録まで、総合的に実施され充実していると感じました。常にサービスに対する評価がなされ、次のサービスへ繋げる努力がなされており見習うべき事だと感じました。また、IT化の重要性も感じた視察となりました。

後に、今回のパース研修では、オーストラリアの大自然にも触れ、医療制度・専門的資格制度・税徴収額など様々な違いを学ぶ機会を得ることが出来き、大変感謝しています。貴重な時間を頂ありがとうございました。

博愛病院TOPへ ページTOPへ

戻る

博愛病院詳細

病院情報

アクセス